Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 明治安田J1 1stステージ 第6節 vs浦和レッズ

前半レポート

 リーグ戦3連勝中のF・マリノスが、同じく3連勝の首位・浦和レッズを迎えた大一番。F・マリノスの先発は、前節・G大阪戦での布陣から一人代わり、遠藤が齋藤のいた二列目の左サイドに入る。
 春らしい暖かさのなか、F・マリノスのキックオフで試合は始まる。F・マリノスは、中村が随所にボールを受けてリズムをつくり、マルティノスのスピードを生かそうと縦パスなどボールを集めていく。対する浦和は、早い展開から前線に入れてシュートまで持ちこむ。2分、ロングフィードから武藤がこの試合のファーストシュートを放ったが、飯倉が好セーブでCKに逃れる。F・マリノスはすぐに反撃、3分・マルティノスが左サイドのドリブル、5分・カイケが裏を狙う動きなどを見せる。
 その後も、攻撃の応酬は続くが、9分・飯倉の鋭いシュートストップ、16分・クロスへの中村のヘッドでのクリアなどF・マリノスは落ち着いて対応しゴールを割らせない。
 25分を過ぎると、やや浦和がポゼッションで上回るが、F・マリノスはディフェンス組織がバランスを崩さず、決定機は与えない。そして30分ごろから、攻撃に転じる。33分・中村のFK、36分・喜田のインターセプトからのカウンターとチャンスをつくった。だが、いずれもフリーでのシュートシーンには結びつかず、前半はノーゴール。0-0で後半戦へ。

ハーフタイムコメント

「攻守とも全員が全力で戦い切ろう」

後半レポート

 0-0の均衡を破るべく、序盤から積極的に仕掛ける両者。1分、浦和の李が至近距離から狙ったがファビオが厳しく身体を寄せてフリーで打たせない。その直後にはカイケが裏へ走るが、これはオフサイドに。さらに4分、カウンターから遠藤が左サイドからゴール前にドリブルしたが、シュートはGKに抑えられた。
 10分を回っても攻撃の応酬という展開は続く。14分・浦和のロングボールからの攻めを中澤と飯倉の連係で防ぐと、15分にはマルティノスのクロスをカイケがつなぎ、こぼれたところを中町がダイレクトシュート。これはクロスバーを越える。18分・距離のあるFKを中村が思い切って狙うと、20分には守備の場面となり、クロスからのシュートは中澤が身体を張ってチャージ。23分、今度は浦和のFK。阿部の鋭い直接FKを飯倉が素晴らしい反応で横に飛びキャッチ。25分には、F・マリノスのカウンターからビッグチャンス、中村のパスによってフリーでボールを受けた遠藤が持ち上がるも、至近距離からのシュートはGKに抑えられた。
 この後、浦和の分厚い攻めに自陣での時間が増えるF・マリノスではあったが、安定したメンタルでしのぎ続ける。最初の交代で伊藤が入った直後の27分には、嫌なフィードが前線に送られたが、中澤とファビオが巧く連動して処理。30分にもスピーディーな攻撃を受けるが、中澤のクリアでCKに逃れる。続いてのCK、ゴール前での空中戦、最後は中村がヘッドでクリアした。
 1点勝負の様相となり、2人目の交代で前田が入った32分あたりから、やや試合はこう着するも終盤はスリリングなシーンが繰り広げられる。F・マリノスは飯倉が攻守を連発、43分のCKをジャンプして好捕し、46分・関根の強烈なミドルシュートを右上に飛んでスーパーセーブ。ピンチを救った。
 アディショナルタイムは3分。最後まで集中を切らさなかったF・マリノス守備陣は、スコアレスドローに終わったものの、首位の浦和相手に今季J1リーグ戦初の失点ゼロを達成。勝点1を加えた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「高い強度のゲームでした。両チームとも得点チャンスがありました。我々はカウンターで、そして彼らも何度かいいシチュエーションをつくっていました。
両チームともに、最後、得点につなげることはできませんでした。0-0という結果でしたけれど、私は選手を、特に守備の面で称えたいと思います。特に後半、良かったと思います。
後半は、前半以上にボールをつなぐことができましたし、プレッシャーをかわして相手のブロックを下げることもできました。
最後、フィニッシュのところで、もっと良い判断ができれば良かったのですけれど」

質問:浦和のペトロヴィッチ監督は、今日のF・マリノスはかなり守備的だったのではないかと発言していましたが?
「守備的にやろうとしたわけではないのですけれども、やはり今日は浦和に下げさせられました。彼らがダイレクトなプレーで、長いボールを使って攻撃をしてきました。我々は何度かボールを奪ったのですけれども、低い位置で奪ったとしても、なかなか彼らのプレッシャーをかわしてそこから抜け出していくということができずに、チームとして低い位置に押し込められてしまったという展開だったと思います。
彼らがこんなにダイレクトなプレーをしてくるとは予想していませんでした。ですので、DFラインが背後の最後のスペースを空けないようにするために、下がらざるをえませんでした」

質問:攻撃がカウンター狙いになっていましたが、それはやはり浦和に下げられていたからでしょうか?それとも、若い選手や新加入してまだ時間のたっていない選手がいたためでしょうか?
「両方の理由があると思います。特にカウンターは、遠藤のサイドでした。前半も、何度かいいシチュエーションがつくれていました。たとえば喜田が抜け出してというシーンがあったのですけれども、フリーとなっている遠藤にパスを出すというところでミスがありました。
他にも、遠藤が何度かチャンスになったのですけれども、最後の判断が悪くて得点には結びつけられませんでした。
遠藤はまだ若い選手で、やはりプレッシャーがある中で感情をコントロールしてプレーするというところを、これからもっと伸ばしていくことが必要だと思います。ただ、そうではあってもチャンスにはたくさん絡んでいましたので、そこは評価したいと思います。
そしてもう一つの理由、新しい選手が来てという問題ですが、そこの連携という面でも、確かにもう少しこれから改善をしていくことが必要だと思います。
ただ、今日は攻撃するスペースはありましたので、特に相手の背後ですが、そこをもっとうまく使えるようにしていくことが必要だと思います」

質問:今季2度目の引き分けでしたが、今日の首位・浦和とのこの引き分けについては、どうとらえていますか?
「福岡とも引き分けでしたが、この二つの引き分けはまったく内容が違うものです。福岡戦は、我々が70%ぐらいポゼッションして、福岡が少ないチャンスをものにして引き分けました。
今日は、逆に浦和にずいぶん苦しめられた内容でした。もちろん我々もカウンターで得点を挙げて勝つチャンスはあったのですけれども、やはり浦和もたくさんチャンスをつくり強いチームでした。引き分けで納得のいく内容だったと思います」

試合後コメント

GK21
飯倉 大樹

「引き分けに持ち込むことができて良かった。
(敵のファーストシュートを止めたシーンなど、好セーブが多かったと思うが?)いや、特別なことはしていないです。これが自分の仕事なので。
全員で無失点にできたことが良かったです」

DF23
下平 匠

「ボールを前から取りに行くことは、なかなか難しいとは分かっていました。ブロックをつくってカウンターを狙っても、裏に走る選手が前半は少なかった。後半は押し込む時間帯もあったが、相手も引いて守ってきたので簡単には崩せなかった。そういうところで、コンビネーションを出せれば良かったけど、そこはこれからの課題にしたいと思います」

MF10
中村 俊輔

「相手にスペースをつくらせず、ガマンしながら跳ね返して、どこかでチャンスが来るかなという試合展開だった。
自分たちがボールを持った瞬間、そこから攻めるには相当なエネルギーを使わなきゃいけない。ずっと守備していたぶん、ミスも多かった。
見ていたサポーターは歯がゆかったかもしれないが、現時点ではこのやり方がベスト。見ている人にも、今はガマンしてほしいと思います」

フォトギャラリー