Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 明治安田J1 1stステージ 第8節 vsサンフレッチェ広島

前半レポート

 1stステージも中盤、昨年のJ王者で現在5位のサンフレッチェ広島との激突。F・マリノスは、前節5得点を奪ったジュビロ磐田戦と同じスタメンで臨む。
 広島のキックオフで始まった試合、序盤はともに相手にボールの奪いどころを与えないよう、慎重にパスを回す。6分、F・マリノスは下平の縦パスをカイケが左前方にダイレクトで送る。パスを受けた齋藤がオフサイドを取られたものの、スムーズなコンビネーションを披露する。10分には広島のカウンターからシュートを打たれたが、飯倉が好セーブ。
 攻撃と守備での好プレーで流れをつかむかに見えたF・マリノスだが、15分、ゴール前に走り込んだピーター ウタカに先制ゴールを奪われてしまう。
 リードされて反撃に転じたいF・マリノスだが、1対1の局面での広島のうまい対応に苦しめられ、なかなかラスト1/3のエリアに侵入できない。21分・中村がカウンターからのドリブルもバイタルエリアに達する前に止められる。
 25分を過ぎ、F・マリノスの攻撃はスピードを増すのだが、26分・中村がペナルティエリア内まで持ち上がったシーンも、29分・左CKの場面もシュートには結びつかず。32分、ようやく小林のクロスから中町がヘディングシュートを放つも、クロスバーの上へ。さらに40分、齋藤のドリブルなどで広島ゴールに迫ったが、シュートは打たせてもらえず、前半は0-1のまま折り返す。

ハーフタイムコメント

「攻撃は幅を使っていこう。
後半、慌てないで戦おう」

後半レポート

 遠藤を二列目の右に入れてスタートしたF・マリノスは、同点を狙ってアグレッシブに仕掛ける。3分・後半最初のCKをゲット。4分・遠藤のパスを受けた中村が左足シュート、5分・遠藤のドリブルと立て続けにチャンスをつくる。そして中村のクロスを齋藤が右足シュート。惜しくもGKに阻まれた。
 主導権を握ったF・マリノスは、8分・中澤の好守でピンチを凌ぐと、再び広島陣内に攻め込む。10分、遠藤がつないだ浮き球を齋藤が胸トラップから右足を振り抜く。このシュートも広島GKの好セーブに止められてしまう。 しかし流れはF・マリノス。13分にはファビオがオーバーラップ。ドリブルからのパスを受けた齋藤がシュートを狙ったがDFのブロックにあう。
 19分、直前のプレーでミドルシュートを放ったカイケに代わり、二人目の選手交代で富樫がイン。さらに攻め立てるF・マリノスは23分、小林のクロスを中村がヘディングシュートを合わせると、これが相手のファウルを誘いPKに。25分、このPKを中村がじっくりと狙い、右上に突き刺した。
 同点に追いつき試合を振り出しに戻したF・マリノス、ここから逆転に進みたかったところだったが、1-1とした2分後に速いサイドアタックからピーター ウタカに勝ち越し点を決められてしまった。
 再び追いかける展開となったF・マリノスは38分、3人目の交代カードを切り、下平に代えて伊藤。左サイドバックを務めるのは遠藤。懸命に攻めるF・マリノスは、40分・遠藤のオーバーラップからのクロス、44分・ファビオのクロスから富樫のヘディングシュートと広島ゴールに迫るが、フィニッシュには届かない。
 アディショナルタイムは4分。ロングボールも交えながら攻め続け、48分・齋藤が腰を落とてヘッドで合わせたがボールはポスト右へ。猛攻を続けたF・マリノスだが、広島の堅陣の前に2点目は奪えず、タイムアップ。リーグ戦今季初めて2失点のF・マリノスは、開幕戦以来となる2敗目を喫した。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「今日、我々F・マリノスは、ミスが多すぎました。チャンスの数では広島を上回ったと思うのですが、やはり今日はミスの少なかったチームが勝ったゲーム。そういう内容だったと思います」

質問:ファビオ選手が3枚目のカードを受けて、累積で次の試合に出られませんが、その点についてはどう思いますか?
「それも、チームのマネジメントの一部です。他の選手が出る、ただそれだけだと思います」

質問:選手交代で下平選手を下げ、ディフェンスラインを変えましたが、それは練習の中で準備していたオプションでしょうか?
「トレーニングでは、すべてを準備することはできません。
ただ、あちらのサイドが、相手にスピードに乗られていましたので、スピードのある攻撃をされていましたので。
そして、あの状況では攻撃的なオプションというものを取らなくてはなりませんでした。遠藤は、前のサイドもできますし、後ろの右左両サイドもできるということは分かっていましたので、あのようなオプションを取りました。
リードされていましたので、あそこはリスクを取らなければなりませんでした」

質問:広島の守りは、最終的に5人で最終ラインを組んで、その前に4人を並べ、サイドも封じる、そしてバイタルのところにも人数をかけてきました。このブロックを破るために、最も効果的な攻めの手段は、どういうことが挙げられますか?
「広島が、そういう守備システムを取ることは分かっていました。ですので、我々ボール回しのスピードを、本当はもっと速くしなければいけませんでした。そしてサイドでの、もっと前に行くプレー。もっとイニシアチブを取って前に出て行くプレーというものが必要でした。ですが、サイドの攻撃というものが、まだ十分に生かせませんでした。サイドでのコンビネーションプレーというものが足りませんでした。
二つ目のポイントとしては、相手の中盤ラインをこえたところから前に入ったパス、その勢いをそのまま前につなげるプレー、そしてタッチ数を少なくして前に出て行く、そういうことが足りませんでした。
その原因としては、テクニックのミスが多かったこと、そしてプレーのスピードが足りなかったこと。特に前半は、そこがうまく機能しませんでした。
この二つのポイントによって、相手のブロックを崩すことができませんでした」

試合後コメント

「(途中から左サイドバックに入った?)そうですね。やったことがなかった。ただ、監督が(ピッチ際で)近かったので、言われていたことも分かっていた。ボールを持ったら、どんどん前に行けと言われていた。
1回マチさんからいいボールが来て、一瞬、判断が遅れてクロスを上げるのが遅くなってしまった。そうすると相手の足に当たったりしてしまう。そこの技術とか判断が、まだまだです。
サイドバックは自分の良さを出せるから、そういう意味では新たな刺激になったというか、ビックリしてますけど」

「サポーターに勝利を届けられなくて、申し訳ないと思います。でも、一つ負けたからといって下を向く必要はない。ここから、去年のように勝ったり負けたりという悪い流れにしないよう、やっていきたい。
長いリーグ戦だから、今日のようなこともある。逆に、ここからどう這い上がっていくかを見せたいと思います」

DF22
中澤 佑二

「青山選手を欠いた広島、連戦中の広島を相手に、ホームの自分たちは、前半からもっと圧倒しなければならなかった。
ただ前半の10分から15分の間は、なかなかスイッチが入らなかった。逆に広島の若い選手をフリーにして、落ち着かせてしまった。
2失点目は、自分たちのファウルを取られて、なぜなんだ?というスキを突かれてしまった。それはレフェリーの判断なんだから仕方がない。チームとして集中力が欠けてしまった。
後半は、相手が5バック気味に守るなか、自分たちがシュートまで持っていくシーンが多かった。前半から、それができなければならなかった」

フォトギャラリー