Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 ルヴァンカップ グループステージ 第5節 vsアビスパ福岡

前半レポート

 ヤマザキナビスコカップの4戦目、アビスパ福岡を迎え撃つ。グループステージ最後のホームゲーム、勝点3を加えて順位を上げたい。アンダー代表で5人が不在ということもあり、前節のサガン鳥栖戦から、F・マリノスのスタメンは4人代わった。3日前のリーグ戦にも出場した栗原、小林、カイケなども先発に名を連ねる。またユースの常本、吉尾、佐多がサブに入った。
 福岡のキックオフで始まった試合、F・マリノスがボールポゼッションで上回り相手陣内へ攻め込む。福岡は、最終ラインを5バック気味にして、堅いブロックをつくる。F・マリノスは、この守備組織を崩そうと、中央、そして左右からとバリエーション豊かな攻め手を繰り出す。4分・小林のクロス。9分・バイタルでショートパスを交える。11分には三門が浮かせて裏へラストパス、これにカイケが走り込みCKをゲット。さらに15分にビッグチャンス、天野の右からのクロスをファーポスト付近で仲川がヘディングシュート。惜しくもクロスバーに当たった。19分にも天野のパスから仲川がヘディングシュートを見舞ったが、ワクを捉え切れず左上に外れた。
 20分を回ると、福岡も時折り反撃。鋭いカウンターから好機をつくる。24分には平井が裏に抜けてシュート。だが、守護神・榎本が素晴らしい反応でストップ、ピンチを救った。ここから流れを引き戻したいF・マリノスだったが、31分にサイドからの折り返しを平井に合わせられて失点、0-1とリードを許してしまう。
 35分から、F・マリノスは攻勢を強めて福岡ゴールに迫る。しかし37分・仲川、45分・天野とシュートを放つも、得点には至らず、前半は1点のビハインドで折り返す。

ハーフタイムコメント

「守備は1対1で負けないこと。
攻撃はスピードアップを意識すること」

後半レポート

 追いかけるF・マリノスは序盤から流れをつかむ。3分、4分、6分と積極的に仕掛けるが、決定機は訪れない。すると10分に最初の選手交代で、齋藤が入る。このあたりから少し福岡の早いプレッシャーに苦しむも、サポートの意識を高めて立て直す。22分、パクのタテパスは結果的にそのままゴールラインを割ったが、仲川が懸命に追いかけて走った。
 すると26分、粘り強くボールをつないでの二次攻撃。右から天野が持ち込むと、福岡DFは思わずファウル。天野が倒れてホイッスルが吹かれ、PKとなる。28分、キッカーの兵藤がGKの動きをよく見て左スミに決めた。
 1-1と勝負を振り出しに戻したF・マリノスは、2点目を目指して畳み掛ける。34分・3人目の選手交代で伊藤が加わると、さらに攻撃は迫力を増す。36分、齋藤のパスで裏へ抜けた仲川が至近距離からシュート。ところが、GKの好守に阻まれてしまう。43分には、三門のクロスからカイケがシュートしたが、これも相手GKの好セーブにあった。
  アディショナルタイムは5分、このままタイムアップかと思われた49分。クロスの競り合いからこぼれたところを、伊藤が追いつき、ペナルティエリア内・右、角度のないところから右足を思い切って振り抜いた。豪快な一撃はGKを抜いてネットに突き刺さった。
 伊藤の決勝弾により劇的な逆転勝利を飾ったF・マリノスは勝点8とし、3位に浮上。グループステージ突破への可能性が膨らんだ。  

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「今日は、非常に強い気持ちで臨んだゲームでした。勝つために、選手たちが、本当に高い強度でやってくれました。
最後の最後で得点を挙げて引っくり返すことができたのですが、そこだけではなく、ゲーム全体を通して、特に後半、我々が多くのチャンスをつくってプレーできたのではないかと思います」

質問:後半、栗原選手を交代させた意図は?
「皆さんご存知だと思いますが、3日置きに試合があります。ですので、今いるメンバーをうまく使っていかなければなりません。またファビオがケガをしています。この連戦を今いるセンターバックのメンバーで時間配分をしながら戦っていかなければなりません。小林の交代も同じ理由です。金井がケガをしていますので、サイドバックのところもあまり選択肢がありませんので、ゲームのプレー時間をコントロールしながら戦っていかなければなりません」

質問:中島選手について、もう少し、こうプレーしてほしいという注文はありませんか?
「まず、賢星以外にもポテンシャルを持っているたくさんの若手選手がいます。オリンピック代表に3人選ばれています。そしてU-19にも2人の選手が行っています。そして将来、賢星も、こういう中に入って行くと思います。またジョンスと新井も、非常に高いポテンシャルを持った選手です。
賢星に関してですが、彼は手術後初めてのゲームでした。5カ月間、実戦から離れていました。確かに彼は、大きなポテンシャルを持っています。
そして、今日のプレーに関して言えば、下におりすぎないで、もう少し高い位置、ラインの間で受けて前にプレーをしていく、そういう部分を伸ばしていくことが必要です。なぜなら彼は得点を決める能力を持っています。ですのでもっと高い位置でのプレーというものをもっと向上させていくことです。
でも5か月抜けていたので、これからゲームのリズム、ゲーム勘を取り戻していけば、もっと高いことを徐々に要求していきたいと思います。
ただ、今日皆さんご覧になったと思いますが、彼は、もう少し低い位置のMFもできるということも示せたと思います。そして彼のテクニックを活かし、チームに貢献できるということもお分かりいただいたと思います」

試合後コメント

MF26
中島 賢星

「ケガをして、ようやく復帰できたのも、いろんな人のおかげだったので、今日はそういう人たちのためにも、という気持ちがありました。
また、中学生の頃にお世話になったアビスパの人たちにも、成長した姿を見せて、恩返ししたいという気持ちで臨みました。
勝てて良かったけど、自分のプレーはまだまだです。トップ下としては、自分がどういうゲームをつくりたいか、どのようにゴール前に顔を出したいかを考えていたが、相手のプレッシャーが早いなか、ボールをさわりたくて落ちてしまうシーンが多かったと思います」

MF7
兵藤 慎剛

「勝つことが一番大事で、グループリーグ突破につながる大事な試合だった。勝てて本当に良かった。
(PKは自ら蹴りにいった?)はい、誰が蹴るのか決まってなくて、自分でボールを取りにいった。アマジュンとカイケも蹴りたそうだったですけど、『俺が蹴る』と言って譲ってもらいました。
(第二子が生まれた祝福のゆりかごダンスについては?)同点では、やるつもりはなかった。絶対に決めて、もう1点取ってやろうと思っていた。
自分の気持ちが空回りする部分があって、ちょっと足をつってしまった。正直、自分の中では悔しいですけど、本当に翔が点を取ってくれて、みんなでゆりかごダンスをやってもらって、本当にいいチームだなと思いました。
この勝利で、リーグ戦もいい流れになればいいと思います。チームの底上げもしなければいけないし、大きな勝点3だったと思います」

GK1
榎本 哲也

「毎回そうだけど、本当に気持ちが入っていた。合言葉みたいになっている(笑)。みんなで気持ちを出してやっていこうとした。
苦しいながらも、勝ちに飢えている感じが出ていて良かったです。このメンバーで勝てたのが大きい。チームの底上げにもなるし。
1失点目は、ちょっと触ったから止めたかった。欲が出てしまうけど、GKはそういうところもやっていかなければいけない。
あとは声を出して頑張れって、言うしかないから。みんなのケツを叩いてね(笑)。それが一つの自分の持ち味かなと思う」

フォトギャラリー