Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 明治安田J1 2ndステージ 第1節 vs湘南ベルマーレ

前半レポート

 2ndステージの開幕戦は、アウェイで湘南ベルマーレとの一戦。F・マリノスは、今季初めて4-4-2でスタートする。2トップは富樫とカイケ、二列目は右がマルティノス、左は齋藤が務める。左サイドバックには、今季Jリーグ戦初出場となる金井が起用された。
 試合は、F・マリノスのキックオフで始まる。序盤は湘南の走力に対して、ややF・マリノスが受けにまわる。1分、4分、5分と立て続けにFKを与えたものの、いずれもディフェンスラインが集中して跳ね返す。湘南のタテのスピードにも守備ラインがバランス良く対応したF・マリノスは、徐々に立て直し、25分からエンジンをかける。26分には最初のCK、右からマルティノスが大きなカーブ、ファーポストに走ってきたファビオがヘッドを狙う。さらに31分、カイケが裏に走るマルティノスへパスを送る。
 その8分後、このコンビネーションから、フィニッシュが生まれる。39分、左サイド、金井のパスを受けたカイケが持ち上がり、マルティノスの走り込みに合わせて右足アウトでラストパス。この正確なパスをマルティノスが豪快に右足でネットに突き刺した。
 マルティノスの今季2ゴール目で先制に成功したF・マリノスは、アディショナルタイムにもマルティノスが右から中央へ走り込んでラストパスを受けてCKをゲット。前半、F・マリノスは1-0とリードを奪って折り返す。

ハーフタイムコメント

「守備はコンパクトに。
攻撃はサイドを使っていこう」

後半レポート

 キックオフ直後から、F・マリノスが流れをつかむ。1分、2分と左から齋藤が積極的に仕掛ける。6分にも齋藤は、右に開いたマルティノスへタイミングの良いパスを送ったが、これは収まらずラインを割った。
 19分に最初の選手交代で前田が加わってからも、F・マリノスのペースは変わらない。23分には小林が力強い突破から折り返したが、シュートはワクを捉え切れない。そして25分、金井のパスを受けた齋藤がミドルシュート。これが右ポストに当たって跳ね返ったところを詰めていたのがカイケ。左足で追加点をゲットした。
 リードを広げられた湘南は、この直後に2枚代えで早々と3枚の交代カードを使い切る。だがF・マリノスは、主導権を握ったまま攻勢に立つ。29分、右からのCK、キッカーは前田。正確なボールを中町がヘッドでミートすると、ボールは左スミへ決まった。
 中町の今季3得点目のフィニッシュで3-0と勝負をほぼ決定づけたF・マリノスは、32分、33分とピンチを迎えたが、榎本の好セーブとファビオの好クリアでしのぐ。
 36分、カイケのシュートが相手GKに好捕されて4点目こそならなかったものの、交代カードを有効に使いつつ安定したゲームを続けたF・マリノス。39分に栗原が入ってからは、3バックにして盤石の態勢でタイムアップを迎えた。完封勝利のF・マリノスは2ndステージ、好スタートを切ることができた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「まずゲームのまとめを話す前に、今日もたくさんのサポーターが駆けつけてくれました。ファーストステージでも、我々を熱く応援してくれたのですが、結果を残すことができませんでした。今日はセカンドステージの開幕戦、しかもダービーというゲームで良いスタートが切れました。そしてサポーターたちにも喜んでもらえる結果を残せたことを嬉しく思います。
ゲームに関しては、相手が高い位置からプレッシングをしてプレッシャーをかけてくることは分かっていました。それに対してビルドアップ、そしてそこから裏を取っていくことへの準備をしてきました。それを今日のゲームで発揮できたと思います。
選手は、ゲームプランをしっかり守ってくれて、そして相手の空けたスペース、そこをうまく突いてくれました。我々のトライアングルをベースにしたプレーが機能して先制点につなげることができました。そして1点取った後は、リードしたことによって我々はゲームをコントロールしやすくなりました」

質問:2トップの手応えについて。そして今後もこのシステムを使っていこうと考えていますか?
「今日のゲームは、何としても勝利がほしいゲームでした。ですので、やはり攻撃的な選手が必要でした。そして今日の2トップには、ボールを奪ってから前へのプレーを選択することを求めていました。それを良くやってくれたと思います。
そして守備面に関しては、これは今日の2トップでも、これまでのワントップの時も役割は変わりません。同じようにうまく機能してくれたと思います。
ですので、攻守において2トップには非常に多くの運動量を求めたのですけれども、彼らは非常に良く応えてくれたと思います」

質問:途中で交代したマルティノスの状態は?
「マルティノスは、ヨーロッパでほぼワンシーズンを通してプレーしてからこちらに来ています。ですので、少し筋肉の疲労がたまっています。その中で、今日のケガは、そんなに大きなケガではないと思われます。小さな筋肉系のトラブルだと思います。長引かないケガであってほしいと願っています」

質問:今日は試合に出られなかった中村選手の状態については?
「良くなってきています。来週からはチームのトレーニングに合流する予定です。様子をみながらチームにマッチさせていきたいと思います」

試合後コメント

MF25
前田 直輝

「今日は、コーナーからのアシスト以外、何もしていないというのが自分への評価。サポーターの期待値が100だとしたら、今日のアシストは1にも満たないと思う。自分が期待されている部分は、インプレーの部分だと思うから。それでも結果を残せたことはプラスに考えたい。
セカンドステージでは、いい準備をして、出たときにはパフォーマンスを上げたい。
五輪は自分の中でいい刺激になったが、選ばれなかった以上、F・マリノスのユニフォームで輝きたいと思います」

DF24
金井 貢史

「最後は足をつっちゃって、チームに迷惑をかけました。久々で気持ちは入っていたけど、90分持つとは最初から思っていなかった。でも、今日は自分として、大きな一歩を踏み出せたと思います。
相手のサイドが空いていたし、自分もフリーになるシーンが比較的多かった。もっと攻撃に絡みたかった。
先制点の場面は、カイケかどうかは分からなかったが、誰かが動くのは見えていた。チップキック気味だったけど、うまく抜けてくれた。マルちゃんとカイケに感謝したいです」

DF4
栗原 勇蔵

「3-0だったので、何もプレッシャーもなくプレーできた。
試合後には、サポーターから300試合出場の記念のユニフォームをもらった。サポーターからのメッセージが入っていて、それが俺にとって、今日の一番の収穫だった(笑)。ここから、さらに上を目指していきたいと思う」

フォトギャラリー