Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 明治安田J1 2ndステージ 第6節 vs名古屋グランパス

前半レポート

 第6節、先週に続き日産スタジアムでのホームゲーム。相手は、今ステージまだ白星がない名古屋グランパス。F・マリノスは、3試合ぶりに2トップで臨み、富樫・カイケがFWを務める。
 F・マリノスのキックオフで始まった試合は、名古屋が前線のシモビッチにボールをおさめて起点をつくろうとするのに対し、F・マリノスはCBコンビが厳しくマークして自由に展開させない。6分、永井にファーストシュートを打たれたものの、9分にマルティノスがドリブルからの左足で、F・マリノス最初のシュートを放った。
 その後、F・マリノスは自陣での時間が増えていくものの、素早い攻撃への切り替えから、名古屋ゴールに迫っていく。13分・左の齋藤から右サイドを走るマルティノスへサイドチェンジ・パス。21分には、富樫が裏のスペースに飛び出して齋藤のスルーパスに走り込む。
 徐々にリズムを引き寄せたF・マリノスだが、名古屋の両サイドを引いての5バックを崩せず、好機が訪れない。
 しかし30分を回ると攻撃のテンポを上げ、33分・齋藤のパスからカイケのシュートなど、形をつくる。そして43分にはFKからの二次攻撃、ファビオのパスが左ポスト付近のカイケに渡った。だが、カイケは相手の速い寄せにあって、シュートは打ち切れなかった。前半は、0-0で折り返す。

ハーフタイムコメント

「幅を有効に使っていこう。
ボールまわしのスピードを上げていこう」

後半レポート

 両チームとも交代選手なしでスタート。先に仕掛けたのはF・マリノス。3分、齋藤が左から中央へドリブル、ファウルで止められFKをゲットする。これをカイケが直接狙ったが、壁に当たってコーナーキックになる。続いて、この右CKを富樫が中央でジャンプしてヘッド。たが、ボールはクロスバーの上へ。
 8分には、コンビネーションからのチャンスメーク。左サイド、金井とのワンツーで抜け出した齋藤がドリブルしラストパス。これを右から走り込んだマルティノスがダイレクトで打ったが、ワクを捉え切れず左に外れた。このあたりから、F・マリノスが走力で名古屋を上回る場面が増えてくる。13分には、カイケがバイタル付近でキープしてからミドルシュートを見舞う。このプレー後の14分、F・マリノスは最初の選手交代で伊藤が入った。
 15分を回ると、名古屋がF・マリノス陣内にボールを運ぶ。しかし19分の永井のドリブルをファビオがきっちりストップし、23分のカウンターもシュートを榎本が好キャッチ。堅守でスキを与えない。
 29分には二人目の交代で1stステージ第3節以来の出場となる仲川がピッチに送られた。ペースを握ったF・マリノスは、相手陣内でゲームを進めるが、名古屋の分厚いブロックをなかなか破ることができない。
 アディショナルタイムは4分、F・マリノスは辛抱強くボールをつなぐ。連続攻撃から、ペナルティーエリアのセカンドボールに走った喜田が倒れたが、ホイッスルは鳴らず。しかし、すぐにマイボールとし、右から小林がクロス。ファーポストに入った金井に渡り、右足シュート。惜しくもポスト左に外れた。
 最後まで懸命に攻め続けたF・マリノスだが、結局無得点に終わり、0-0のドロー。勝点1は加えたものの3試合ぶりの勝利は飾れず、勝点12で5位に。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「総括はシンプルです。我々がボールをたくさん支配して、相手の陣内でたくさんポゼッションしたゲームだったと思います。チャンスもたくさんつくっていました。
ただ残念ながら、特にサイドで差をつくることができませんでした。
しかし、選手は最後まで1点を取りにいって全力を出してくれましたので、その姿勢には、本当に選手を称えたいと思います。勝点1を取れたことを、ポジティブに受け止めたいと思います」

質問:今回、前回と違って名古屋は3バックをとってきましたが、実際戦ってみて、どういう印象を持ちましたか?
「3人というよりも、後ろは5人だったと思います。そして5プラス、中盤のラインの4人が守備に入っていました。もしくはチーム全員11人で守備を固めてきた、そういう戦いだったと思います。
ですので、このような堅い守備を崩すには、ボールを展開するスピードが必要でした。そこがちょっと我々には足りなかったと思います。
そしてあとは、サイドで差を生み出せるかと思っていたのですが、そこはちょっと機能がまだ足りなかったと思います。ただ我々はチャンスはたくさんつくっていましたので、名古屋が良かったというよりも、我々がそこで、もう少し機能させるところができなかったというゲームだったと思います」

質問:中村選手がいなかった影響は、大きかったでしょうか?
「これは想像でしかわからないのですが、おそらく彼はパスのクオリティーでチームに貢献することであったり、スピードアップするプレー、もしくは裏を取れるプレーなどでプラスになった可能性はあります。
ただ、名古屋は低い守備ブロックを敷いてきましたので、それらは簡単なことではないと思います。
あともう一つはセットプレーですね。そこでも俊輔の影響はあったかもしれません」

質問:右サイドは機能したと思いますが、もう少しマルティノスのクロスの精度が高かったらというシーンが多かったと思います。その点については?
「まず私は、物事をポジティブに見たいと思います。マルティノスも学も含めて、両サイドは今日、非常に良く走って、チームのために走ってプレーをしてくれたと思います。
そして、その正確性・精度を欠いた原因ですけれども、一つには疲労がたまってくると正確さを最後まで保つのは難しいと思います。
あともう一つは、名古屋が非常に守備を固めてきましたので、その中で、もう少しサイドバックとの関わりの中でサイドの攻撃をしていくということが必要ではないかと思います。サイドハーフの彼らだけではなくて、サイドバックとの兼ね合いで、協力のもとで崩す、そういうことが必要だと思います。私は、個人よりもコレクティブなところを考えていきたいと思っています」

試合後コメント

DF5
ファビオ

「チームとしては上位を狙っているので、引き分けですが、良くない結果でした。
ただ内容としては、悪くありませんでした。試合終了までチームとして戦えたことは、誇っていいと思います。これからも、しっかり勝利のことだけを考えていきたいと思います」

DF13
小林 祐三

「相手を崩せた部分もあったし、そうでなかった部分もあったといえる試合でした。
点が入る可能性がまったくなかったかといえば、そうではないと思う。もうちょっと、気の利いたプレーや質を高めることができれば、取れたかもしれない。
いずれにしろ、勝たなきゃいけない試合を、勝てなかったのは間違いない」

DF22
中澤 佑二

「今日は、F・マリノスの生命線である、両ウイングによる効果的な攻撃ができなかった。人数をかけて守られると、そこからのアイデアが少ないかなと感じる。
攻撃の引き出しを、チームとしてもっと増やさなきゃいけない」

フォトギャラリー