Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2016 ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 vs大宮アルディージャ

前半レポート

 ルヴァンカップの準々決勝第1戦。アウェイで大宮アルディージャと戦う。大宮とは今月13日のニッパツ三ツ沢球技場での戦いも、1stステージのアウェイゲームも1-1で引き分けている。
 F・マリノスの先発は、土曜日の鹿島アントラーズから2人代わる。前田とマルティノスが出場し、二列目の左右サイドを務める。
 大宮のキックオフで始まった試合は、互いに守備を固め、慎重なビルドアップを行う。開始直後は大宮にボールを握られたF・マリノスは、3分にカウンターで反撃。兵藤が持ち上がって右サイドに展開するが、パスが渡らずサイドラインを割る。6分には、齋藤が相手陣内でボールを奪って左の前田につないだが、前田はドリブル突破を阻まれた。
 10分を過ぎると、やや大宮のポゼッションが上回り、F・マリノスは効果的なオフェンスができない。15分、裏へのボールを榎本がペナルティーエリア外に出てヘディングでクリア。ピンチを逃れたF・マリノスだったが、23分にマテウスに左足ミドルシュートを決められて先制を許してしまう。
 その後も、リズムが出ないF・マリノスは27分、29分にも危ない場面を迎えたが榎本の好セーブなどで追加点を与えない。31分にはファビオがケガでピッチ外に出るアクシデント。33分に栗原が交代してCBに入る。
 35分を回ると、ようやくF・マリノスがエンジンをかけて、38分にFKから金井がヘディングシュート、43分には齋藤のスルーパスにマルティノスが走り込んで中央へ折り返す。しかしこのクロスは、ターゲットに合わずボールは流れて行った。前半は1点のビハインドで終了。

ハーフタイムコメント

「攻撃はサイドでのプレッシャーをかわしていこう。
守備はスペースを消すこと。
良い入り方をして流れを変えよう」

後半レポート

 1点を追いかけるF・マリノスが、積極的な入りで攻撃の形をつくる。4分・マルティノスのドリブルに続き、5分には伊藤が上手くキープして前線で起点をつくり、右に展開してCKをゲット。
 10分を回ると大宮が流れを押し戻す。11分にはクロスからゴール前でシュート。至近距離からのこの一撃は、榎本がスーパーセーブ。ピンチをしのいだF・マリノスは、14分に2人目の選手交代を行ってカイケがイン。齋藤が左サイドにまわる。サイドが機能し始めたF・マリノスは20分、クロスをマルティノスが詰めてこぼれたところを小林がダイレクトで狙う。23分も右からの攻め。小林のクロスを金井がファーで詰めたがゴールラインを割る。
 25分、大宮の反撃を受けて大ピンチ。ゴール前でフリーとなっていた江坂に強烈なヘディングシュートを打たれる。だが、これも榎本がビッグセーブ。すると、この直後の26分にF・マリノスがスピードに乗った攻めを見せ、右・小林のクロスを金井が右足シュート。これが鮮やかにネットに飛び込んだ。
 金井の今季J公式戦初ゴールで同点に追いついたF・マリノスは、ここから逆転を狙って攻勢を増す。しかし大宮もオフェンシブに出てくる。37分・大宮、38分・F・マリノスと激しい攻撃が交互に繰り返されていく。そして42分、サイドの攻防からボールを奪われ、家長に勝ち越しゴールを許してしまう。
 アディショナルタイムは4分。最後の選手交代で仲川を投入し、懸命に大宮ゴールに向かったF・マリノスだったが、残念ながら同点シーンは訪れず、1-2のままタイムアップ。F・マリノスは第1戦を落としたものの、アウェイゴールはゲット。中3日で迎える第2戦、ホームゲームでの逆転を目指す。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

「前半は、相手の流れで苦しい展開でした。
後半、我々がやっと自分たちのプレーが出せるようになってきましたが、今日はチャンスの数からいって、大宮が勝利に値する内容だったと思います。大宮のプレーを称えたいと思います。
ただ、まだ2試合あるうちの半分が終わったところですので、次の試合に向けて準備をしたいと思います」

質問:今日は齋藤を中央で使いましたが、うまく機能しなかったのではないでしょうか?
「私は、そう見ていません。学は良かったと思います。前半、良いポジションを取って、彼自身は良くやれていたと思います。ただ学がどうというよりも、チームとして前半はうまく機能していませんでした」

試合後コメント

「最初は、一耀が入る準備をしていたら、失点したので、急きょ僕が入ることになったんですが、準備はしていました。
最後のチャンスに自分が決められれば、悪くても引き分けに持ち込めた。チームを助けられなかったのが悔しい。
ホームでも、出たら、短い時間でも結果を出したいと思います」

DF4
栗原 勇蔵

「ファビオに代わって自分が入った、前半の時間帯は正直に言って流れが良くなかった。突然の出場だったけど、後半に向けて徐々に慣らしていこうと思っていた。
チームとしても、俺個人としても、落ち着かない試合だった。最後は勝ちに行くのか、同点のままでいいのか、整理できていなかった気もする。
ホーム&アウェイ2試合の合計で勝ち上がりが決まる。これで次のホームで戦うときの条件がハッキリした。どっちがうまく戦えるか、だけど、ウチが優位に進めたいと思う」

GK1
榎本 哲也

「うーん、自分のせいだなと。内容どうのこうのではなくて、結果だけ見て、やっぱり最後のあそこで止められないのは、かなりの過失があると思う。引き分けの結果を得られなかったのは、申しわけない。
あの2点目のシュートを止められなかったのは、すごくショックだし、そういう意味で、結果が直結したという意味では何ともいえない。いくら何本止めたとしても、最後の1本であれじゃ、GKとして何も務まっていない。評価はゼロだと思う。
アウェイゴールを取ってくれたから、プラスに考えて、次は失点を許されない。切り替えて自分を奮い立たせて、失点ゼロを目標にして頑張りたい」

フォトギャラリー