Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2020 明治安田J1 第5節 vs鹿島アントラーズ

前半レポート

 アウェイでの鹿島アントラーズ戦に臨むF・マリノス。先発メンバーは、前節から5人変更。FWは3人とも入れ替えて仲川・エジガル ジュニオ・エリキという布陣。対する鹿島は、今季まさかの4連敗だが、巻き返しを目指している。
 F・マリノスのキックオフで始まった試合は、両チームとも速いテンポでのパスワークを展開。また相手ボールに激しくチャージしてボール奪取を狙う。早くも4分、試合が動く。鹿島がクロスをフリーで受けたFW上田が先制ゴール。
 追いかけるF・マリノスはすぐ反撃し、6分にエリキのパスを喜田がバイタルエリアからダイレクトシュート。しかしGKに阻まれる。その3分後にもF・マリノスはマルコス ジュニオール、エリキとつないで扇原がシュート。そして12分、仲川のタイミングのいいクロスからマルコス ジュニオールが右足でフィニッシュし、F・マリノスは1-1の同点に。
 その後もF・マリノスは15分、鮮やかなコンビネーションから鹿島ゴールに迫る。そして24分には好位置でのFK。マルコス ジュニオールが直接狙いボールがクロスバーに当たり外に出たところで、飲水タイム。
 35分を回ると、鹿島がチャンスをつくるが36分、41分の危ない場面は梶川が連続して好セーブ、勝ち越し点を与えない。アディショナルタイムにも鹿島にフリーでのシュートを打たれたものの、ポスト左に外れ、事なきを得た。前半、激しい攻撃の応酬の末、1-1で折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「いいサッカーができている。リズムよくどんどんボールを動かそう。
前からのプレスと切り替えでチャンスをつくっていこう」

後半レポート

 F・マリノスベンチは、後半キックオフ前に動く。エジガル ジュニオとチアゴ マルチンスに代えて、遠藤と伊藤をピッチに送る。
 序盤、前半から引き続きDFの背後を狙う鹿島が攻勢に出る。4分・5分のロングボールは、伊藤がヘッドではじき返す。6分には鹿島FW上田の鋭いシュートを、梶川が横っ飛びでセーブ。
 その直後、F・マリノスは早くも3枚目の交代カードを切り、オナイウ阿道を投入。すると7分、オナイウ阿道が左サイドで起点となり、細かいパスワークを展開。しかし波に乗れず、逆に8・9分とサイドから崩された。
10分過ぎからはオープンな展開となり、両チーム、サイドアタックなどで攻め合う。12分・仲川の右クロスをオナイウ阿道がDFと競り、こぼれ球に遠藤が詰めたが、先にGKにキャッチされた。その1分後、相手に背後を突かれて失点し、1-2に。
 19分には仲川のスルーパスに反応したオナイウ阿道が抜け出し足先で合わせたが、相手GKに阻まれる。22分、自陣で数的不利な状況となり、畠中が一度は相手のパスを食い止めるも3点目を献上してしまう。
2点を追うF・マリノスは24分、天野がイン。その直後、天野はミドルシュートを狙い、CKを獲得。そしてショートコーナーからマルコス ジュニオールが、左サイドからコントロールショット。ゴール右スミのネットを揺らした。
 さらに天野は右サイドを中心にボールに絡み、F・マリノスが前がかりになって攻める。36分、5人目の交代選手、水沼がピッチへ。だが、82分に横パスを拾われ手痛い4点目を奪われた。
再び2点差となったF・マリノスが反撃。38分、天野のシュートがDFに当たった跳ね返りを水沼がボレー。45分にも天野の右FKのこぼれ球を水沼が再びボレーで狙うもチャンスを逃す。
アデショナルタイムは5分あったが攻め手を欠き、遠藤のドリブル突破がラストプレーとなってタイムアップ。F・マリノスは悔しい連敗を喫した。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「本当に難しいゲームになってしまいました。結構コントロールができた中でも、自分たちがあれだけのミスを犯しボールを奪われてしまうと、ああいう形での失点につながってしまいます。すごく残念な思いでいっぱいです」

質問:攻撃が縦に単調になってしまった印象があるのですが?
「先ほども言いましたが、自分たちのミスからの失点が敗因です。あれだけミスをしてしまうと、やはり相手も非常に良い選手がそろっているのでゴールを奪われてしまいます。自分たちもチャンスはつくりました。4点決められるチャンスもありました。しかし、この強い相手にまず4失点してしまってはいけない。しっかり修正をしなければならないと思います」

質問:フィジカル的に、問題は?
「フィジカルうんぬんではなく、やはり自分たちが簡単にボールを失ってしまうという、自分たちのたくさんのミスから失点をしてしまいました。そういうところをなくさないといけませんし、しっかりやっていかなければいけないと思います」

質問:失点が多い試合が続いていますが、その要因については?
「ミスが多いからです。ミスが多いから、あのような失点をしてしまいますので。そういうところをなくさないといけないです」

試合後コメント

「(失点が多くなかなか結果が出ていないという、今のチームの現状をどうみていますか?)いいサッカーはしていると思います。攻撃的なサッカーをしているのだから、失点してしまうのは仕方がない部分はあります。ただ、そこの課題はこれから監督が改善の方向を指示してくれると思います。パフォーマンスは自体は、全体的には良いと思っています。
(2つのゴールは2点とも素晴らしいゴールでした)1点目は連携の中で、我々の得意としているパスサッカーでペナルティーエリアの中に侵入してゴールを決めることができました。2点目はGKの位置、ポジションをしっかり見て、落ち着いてシュートを打ちました。
(去年と今は、どういう部分が違っているのでしょうか)去年は攻撃的なサッカーで優勝することができました。今年、我々と試合をする相手チームは、昨年よりも強い意識で倒しにきています。我々のサッカーをしっかり勉強して、よりディフェンシブにきたり、カウンターを狙ってくるので、やりにくさはあります。ただ負けた試合は、集中力のところが問題だったと思うので、我々のサッカーについては、それほど違いはないと思います」

「(失点の多さについては?)ボールの失い方が悪ければ、ああいう失点になってしまいます。そこのミスは最近多く、先制点をやられていることも多いので。今日の試合も、前半はそこまで悪くなかったのですが、自分たちのミスでリズムを崩してしまいました。相手もあまりいい状態ではないというのも感じてはいたのですが、自分たちのミスで、相手に自信を与えてしまったという印象があります。
(昨年のように、攻から守への切り替えでボールを奪うシーンが少ないように感じますが?)やっぱり相手も分析してきます。自分たちがボールを失ったら、すぐにサイドに蹴ってきたり、一発でひっくり返してくるようなボールが増えています。それはボールの失い方が悪いからで、そうでない時は、切り替えて二次攻撃に、三次攻撃につなげられているので。そういう細かいところをもっと突き詰めないと…。自分たちのサッカーはボールを握るサッカーなので、そういうところでうまくいかないとこういう結果になってしまうと思います。
(似たような形の失点の仕方が続いているのではないですか?)失い方が悪ければ、どのチームでもピンチになります。自分たちは下からつなぐサッカーをやっているので、そこでミスさえ減らせれば、アタッキングサードまでしっかりとビルドアップできれば、ピンチも減ると思います。もちろん守備面の組織的リスクマネジメントも大事ですし、そういうところの集中力も大事です。またコミュニケーションも、もっともっと取らないといけないというのも感じていますが、そこだけじゃなくて、本当に球際の部分だったり、ファウルでもつぶせるところはしっかりつぶさなければいけないいけない場面も、今日はたくさんありました。そういうところ、切り替わったところの皆の反応も少し遅いかもしれません。そういうところのリアクションだったり、一歩先に出すところだったり、細かいですけれど、集中力や出足だったりに、もっともっとこだわってやっていきたいと思います」

「今日は自分たちにとって良い結果じゃなかったです。自分のところでもいくつかミスがあって、そういうところをこれから直していかないといけない。そういう課題が出た試合だと思います。試合はまだまだあるので、次に切り替えていきたいです。
(DFラインの背後を狙われいることについては?)去年からこのスタイルで戦っているので、相手チームがしっかり研究してきて、いい仕事をしてきたと思う。自分たちのミスで裏を取られることが多かったので、そういうところを直していなかいといけない。今日は鹿島に負けて残念です。
(前節からティーラトン選手が個人的にトレーニングで取り組んできたことは?)毎日毎日、自分たちのサッカーを貫こうとやってきている。(前節から)準備期間があったんですけど、こういうミスはあると思うし、切り替えていくしかないですね」

フォトギャラリー