Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2020 明治安田J1 第10節 vs大分トリニータ

前半レポート

 第10節、アウェイでの大分トリニータ戦。F・マリノスの先発は、新加入の前田がFWの一角に起用されたのをはじめ前節から4人変更。サブメンバーにも新加入のジュニオール サントスが入った。
 F・マリノスのキックオフでスタートした試合は、F・マリノスがボールポゼッションで優位に立ち、大分が守備で粘ってからのカウンターを狙う展開。
 3分・マルコス ジュニオールからボールを受けたエリキがオナイウへのラストパスを送るがDFにカットされる。6分にもエリキからオナイウへ、今度はスピードに乗ったクロスを入れたが、スライディングしたオナイウには合わない。その後も9分・マルコス ジュニオール、13分・扇原がラストパスを蹴るが、決定機には結びつかない。
 飲水タイム後の27分には、オナイウが相手のバックパスを奪ってドリブルシュートを放ったが、ポスト左に外れる。さらに29分、31分、33分と攻撃を重ねたF・マリノスは、40分に連続攻撃から小池が強烈なミドルシュートを見舞ったが、ワクを捉え切れない。
 ディフェンスは安定したラインコントロールで、大分になかなかシュートの形をつくらせない。42分・45分にはサイドアタックからシュートを許したものの、パクの好守などで得点は与えず、前半は0-0で折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「もっとアグレッシブにいこう。
勝つ意識をもっと強くもってプレーしよう」

後半レポート

 序盤、F・マリノスは扇原を起点に左サイドから攻め込む。3分・ショートコーナーからマルコス ジュニオールが左サイドからクロスを配球。5分には、扇原が中央から左足ミドルを狙った。
 その後は大分がサイドチェンジを多用し、守備に回るシーンが増える。そこでF・マリノスベンチは流れを変えるために、18分に3枚代えを行う。松田、渡辺、大津を投入し、両ウイングと中盤1枚を入れ替えた。だが攻撃しようとした矢先の23分、DFの背後を突かれて先制点を許す。
 飲水タイムを挟んで、F・マリノスの反撃が始まる。渡辺がアグレッシブに動きまわり、ボールに絡む。27分にはドリブルで仕掛けた。28分には松田が一人で突破しクロスをゴール前へ。
 さらに29分、F・マリノスは2枚のカードを交代切り、水沼がイン、そして新加入のジュニオール サントスが登場。攻撃のパワーを上げる。
30分、CKからチアゴ マルチンスがヘディングシュート。31分、ボールを奪ったジュニオール サントスが迫力あるドリブルで突進。しかし決定機には至らず、逆に31分、大分・藤本のシュートが右ポストを叩いた。
 ゲーム終盤に差し掛かり、F・マリノスはジュニオール サントスにボールを集める。38分には連続攻撃。渡辺の右クロスをジュニオール サントスは、ワントラップシュート。続いて、ティーラトンのアーリークロスに対し、頭で合わせる。
 アデショナルタイムは5分。ティーラトンの浮き球の絶妙のパスで裏へ飛び出した水沼が左足シュート。しかしミートせず、GKがキャッチ。そして試合終了の笛が鳴る。1点が重くのしかかりアウェイで悔しい完封負けを喫した。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「今日の試合に関しては、大分が勝つ意識を高く持って戦った、大分にとって良い試合になったのではないかと思います。以上です」

質問:前田選手が守備で機能しなかったように見えました。前田選手を含めた前線の守備についての評価を教えてください。
「彼だけではなく、チーム全体で、今までで一番良くないサッカーだったと思いますし、内容だったと思います。それは自分に責任がありますし、しっかり次に向けて修正したいと思っています」

質問:今までで一番良くない試合とは、具体的にどの部分でしょうか。
「全てです」

質問:ジュニオール サントス選手の評価を聞かせてください。
「先ほどから言っているように、誰も良い試合をしているわけではなかったです。別に彼がどうこうではなく、全体的に良くなかったです」

試合後コメント

「(加入後、初めての試合での感想を)2か月ぐらい試合に出てなかったので、率直に、まずは試合に出れたことを嬉しく思います。
(試合についての自分の評価は)まだ分からないところがあるので、試合で慣れていくしかないのかなと思います。守備で、やらせてはいけない部分もあったので、試合中でしたが修正を意識しました。
(監督が、今までで一番良くない試合と言っていましたが、その点については)今日に関しては、前の選手はサイドに張ってではなく、中でプレーするように、3人が並んでどんどん裏へ抜けて行くようにと言われていました。それを意識しすぎて、こういう試合内容になってしまったのかなと思います」

「積極的にボールを受けて叩いて、リズムをつくれると思って入ったんですけど、やっぱりもっと自分からボールを要求してもいいし、もっとパスを引き出せたと思う。あとは最後の部分の精度を上げれば良かったと思います。
(コンディションはどうですか?)徐々に試合にも慣れてきて、少しずつ自分の持ち味は出せてきているのかなと思います。
(連勝に向けて必要なのは?)自分たちのサッカーを徹底すること。やることを全員が理解して、徹底すること。あとは今は出ていない選手、自分のような選手が活躍しないと変わらないと思う」

FW17
エリキ

「今日は勝つことができず、残念です。相手の守備が堅いこともあり、自分たちのサッカーができませんでした。
私たちは、一人ではどうすることもできません。チーム一丸となって戦えば、勝利することができると思います」

フォトギャラリー