Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2020 明治安田J1 第17節 vsサガン鳥栖

前半レポート

 前節に完封勝利をおさめて連勝を狙うF・マリノス。スタメンは前節から5人を変更して臨む。FWはジュニオール サントスのトップにエリキとマルコス ジュニオールがシャドーに位置する。MFは水沼・喜田・和田・ティーラトン。
 F・マリノスのキックオフでスタートした試合は、1分に先制シーンが訪れる。ティーラトンのロングパスがディフェンスライン裏へ。追いついたエリキがボールをおさめると、豪快に左足でネットに突き刺した。
 ペースを握ったF・マリノスは4分・ジュニオール サントスの右足シュート、11分・和田のラストパスとチャンスをつくる。そして13分、ティーラトンのクロスをファーポストでエリキが頭でつなぎ、ジュニオール サントスがボレーで2点目を奪った。
 2-0としたF・マリノスは18分に喜田のミドルシュートなど相手ゴールに迫る。しかしフィニッシュには至らず、21分には逆にカウンターから1点を返されてしまう。
 飲水タイム後、F・マリノスが相手陣内に攻め込む。34分、水沼のグラウンダーのクロスにマルコス ジュニオールが走り込んで3点目をゲット。リードを再び2点に広げたF・マリノスは、攻撃の手を緩めず次々とチャンスメーク。4点目こそ奪えなかったものの、3ゴールを奪って前半を折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「周りを見てしっかり判断していこう。
中央をコンパクトにまとめてボールを持ったときに前を向こう。
チームの距離感を確かめてプレーしよう」

後半レポート

 F・マリノスは選手交代なし、鳥栖は1人交代して後半をスタート。2点をリードするF・マリノスは、守備のバランスを崩さずに追加点を狙いにいく。6分、ティーラトンからのロビングボールをファーでジュニオール サントスが頭で折り返すも、相手DFがクリア。12分にはバイタルエリアでルーズボールを拾ったマルコス ジュニオールがシュート。1分後には再びマルコス ジュニオールが、左サイドで反転しながら相手DFを抜き去るテクニックを披露する。
 猛攻は続き、14分にはジュニオール サントスがボックス内で強烈な一撃を見舞うが、GKに弾かれた。さらに15分、ゴール前でのジュニオール サントスのボールコントロールから水沼が走り込んで狙った一撃は右外へ。
 29分、F・マリノスベンチは最初の交代で和田と水沼を下げて、扇原と小池を投入。3分後にはマルコス ジュニオールを下げて、前田を前線へ送り出した。
 追いかける鳥栖が攻撃を仕掛けてくるなか、カウンターからチャンスをつくる。39分、扇原のパスカットからジュニオール サントスがドリブルシュート。1分後にも扇原のボール奪取から前田がドリブル、最後はジュニオール サントスがシュート。しかし、追加点は生まれない。47分には前田が右のエリキへ展開し、折り返しのボールに走り込むも、GKが先にキャッチした。
 アデショナルタイムは5分。47分にオナイウ、松田を投入し、パワーアップを狙ったが、試合はそのまま終了。前節の清水戦に続き、前半のうちに3点を奪う展開で連勝を飾る。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「すごく良いゲームで、良いスタートが切れました。ゴールという部分でも、早い段階で奪うこともできました。相手の鳥栖も本当に強く、アグレッシブに来ていました。
後半はコントロールがうまくできなかった中で、しっかりチャンスもつくりました。何回かゴールを狙える場面がありましたが、このタイトなスケジュールの中で、選手がよくやってくれたと思います」

質問:セレッソ大阪戦から自分たちのサッカーを取り戻せていると思いますが、その要因についてはどう考えていますか?
「C大阪戦、清水戦とも、前半のスタートから良いゴールがしっかりと取れました。選手たちが本当に頑張ってくれています」

質問:後半、前半に比べて相手にチャンスを与えずゲームが落ち着いたと思うのですが、その点はどうでしたか?
「前半、DFとFWの距離感をあけすぎた部分がありました。しっかり自分たちがボールを持っている時は、相手にとって危険な局面を出せたと思いますし、ゴールも奪えました。
後半は、その部分をもうちょっと前から行こうというところで、喜田や和田がしっかりとハメてくれたと思います。その中でボールを奪った後、たくさんチャンスをつくりましたし、もう何点か取れた場面がありました」

質問:今日はボール支配率で鳥栖に上回られましたが、その点については?
「相手がボール支配率で上回った。どこでボールを持っていたかだと思います。ほとんどの場合、鳥栖は自陣でボールを回していたのだと思います。そしてあれだけ後ろでつながれてしまえば、自分たちが奪いに行けななかった部分もあります。
自分たちは、しっかり相手陣内でプレーできたと思いますし、プレスもしっかり掛けられたと思います。その中でチャンスもつくっていました」

試合後コメント

FW17
エリキ

「3試合連続で決めているというのはすごく嬉しいのですが、それ以上にチームとしてすごく良いパフォーマンスを見せているというのがすごく良いことだと思います。これはコーチングスタッフをはじめ、F・マリノスに関わる人々が良い仕事をしているからだと思います。これは今に始まったことではなく去年から続いていることで、素晴らしい仕事をしてくれています。僕の得点だけではなく、いろいろな人が関わっていると思います。
(プレーしているシャドーの位置の、やりやすさという点について)システムを問わず、どこで出てもベストを尽くすということを考えてプレーしています。今、たまたま結果が出ているのですが、名古屋戦でもいいパフォーマンスができたと思います。今はしっかりと結果が出ていて、得点も決めています。チームにとっても、すごくいい流れだと思うので、これをしっかりと維持していきたいと思います。
(初ゴールまで時間がかかりましたが、あのころと今とでは、どこが違っているのでしょうか)そうですね自己分析をすると、やっぱりシーズン当初は調子が良くありませんでした。その中で打撲によるケガが長引いたこともあって、コンディショニングに時間がかかったというのがあると思います。
でも今、こういうふうにしっかりと結果が出ているというのは、仲間のおかげだと思いますし、コーチングスタッフのおかげだと思います。結果が出ていないときでも、フォローしてくれたりとか、試合に出させてくれたりしたおかげです。
(先制点の場面の裏への飛び出し、ティーラトンとの連係について)ティーラトンから素晴らしいパスが来たのですが、その前にボランチからティーラトンにパスが渡っていたと思います。DFから組み立てて、ブンちゃんがしっかりと僕の動きを見て素晴らしいパスを出してくれました。おかげで点を決めることができました。仮に僕じゃなくとも誰が決めても、開始早々の先制点は同じように嬉しく思います」

「(前半、相手のダブルボランチのところに、意識的にあまりプレッシャーを掛けていかなかったように見えました。そしてそこを後半に修正したと思うのですが)相手のやり方もあっての守備なので、そこらへんを感じながら、前半はやっていました。そこでプレッシャーの掛け方とか、誰がどこに出るかというところなど微調整しながらプレーしました。
そしてハーフタイムをつかって修正もしました。試合を通して相手の狙いというのは感じ取ることはできていたので、、そこの対処を少し変えていったということです。
修正点については、一つだけを挙げることはできないのですけれど、全体を見ながらどうプレスを掛けていくかという共有のようなものはできていました。追い込みとかも、皆で共通意識はできていたと思います。自分たちの意図する奪い方ができたシーンもありました。もちろん押し込まれたところもあったのですが、そこで我慢できたというのも良かったと思います。
(結果が出てき始めた手応えについて)武器を増やしているとも思いますし、チームとしてこの精度を上げていければ、引き出しが増えるというところで前向きに取り組めています。なおかつ結果も出していかなければいけないので、そこらへんの勝利に対する欲だとかもチームに出てきています。
この連勝という形を続けていくしか、自分たちには道はないと思うので。連戦だったり日程だったりの部分はあるかもしれませんが、まったく自分たちはそんなことは考えていなくて、とにかく目の前の試合に勝つというところに、全選手・スタッフがチームとして取り組んでいるので、そのあたりが今日の良い結果につながったと思います」

「今日の勝利はすごく嬉しいです。我々は良いサッカーをしていましたが、あとちょっとで勝利できない試合が何試合かありました。今日は、決めるべきところで決めて勝てて良かったです。
(得点シーンは)エリキがクロスボールをしっかり折り返してくれて、僕はシュートを打ちました。たぶん相手DFに当たったと思うけど、決められて良かったです。
(通算7ゴールについては?)すごく嬉しい。僕のプレーを見せる場がある中で、こういう結果を出している。もっと成長していきたいです」

フォトギャラリー