Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2020 明治安田J1 第32節 vsサンフレッチェ広島

前半レポート

 第32節、アウェイに乗り込んでのサンフレッチェ広島戦。8月15日からリーグカップ戦も含めて中2日・中3日で続いた22連戦も、この試合でひと段落する。スタメンは6人変更、GKには新加入の高丘、DFラインは右から小池・チアゴ マルチンス・畠中・ティーラトン。FWは前節と同じメンバーだが、中盤は3人とも入れ替えて渡辺・和田・天野。ゲームキャプテンを務めるのは畠中。なお広島とのホームでの対戦は、3‐1で勝利をおさめている。
 試合はF・マリノスのキックオフで始まる。序盤から、積極的に前からプレスを掛け合うハイテンポな展開。しかし徐々にF・マリノスのパスワークが上回り、広島陣内での時間が増えていく。4分・高丘のロングキックからエリキが右サイドを持ち上がり、7分にはジュニオール サントスのラストパスに前田が走り込む。
 さらに11分・二次攻撃から小池のクロス、18分・ジュニオール サントスの左足シュート、23分・リバウンドをジュニオール サントスがジャンプしてダイナミックなダイレクトシュートとF・マリノスのペースが続く。
 相手を押し込む展開は飲水タイム後も続く。28分、ティーラトンの巧みな配球に前田が裏に走った。F・マリノスがゲームコントロールがしていたのだが、先制点は広島。カウンターで、クロスからFWにヘディングシュートを決められてしまった。
 追いかけるF・マリノスは37分、痛めた渡辺に代わって喜田がピッチに送られる。そして44分、チアゴ マルチンスのクロスに前田が狙ったが、一歩及ばず相手GKがキャッチ。ボールポゼッションなど優位に試合を進めたF・マリノスだが、フィニッシュには至らず、前半は1点のビハインドで終了。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備はしっかりできている。もっとみんなで声を掛け合って、守備に集中しよう。
チャンスは作れている。人もボールもしっかり動いている。出して動くを繰り返そう」

後半レポート

 1点を追いかけるF・マリノスは序盤、左サイドを起点に仕掛ける。6分・10分と前田がスピードを生かした突破からクロスを入れる。13分にはジュニオール サントスが個人技で一人かわして、ミドルシュート。その後もF・マリノスがボールを握りチャンスをうかがうが、相手のブロックを敷いた守備を崩せない。すると17分、相手のFKをクリアしきれず、オウンゴールで失点してしまう。
 2点のビハインドとなり、20分に2人目の選手交代でマルコス ジュニオールを投入。再び広島陣内へ攻め込み、20分・23分にエリキが右サイドからクロスを入れるも、決定的なシーンにはつながらない。
 飲水タイム後もF・マリノスが主導権を握る。だが相手の堅い守備ブロックに、ボックス内へ侵入できない展開が続く。31分、2枚代えの交代で、オナイウと水沼が前線に入り、攻撃をパワーアップ。39分、水沼のクロスに走り込んだオナイウが上手く左足で合わせたが、GKに止められた。
 終盤、再びスコアが動く。44分、広島のカウンターを受けて懸命に戻った畠中がファウル。これがPKとなり0-3に。
 アデショナルタイムは5分。49分、相手のボックス内でのハンドにより、今度はPKを獲得。キッカー、チアゴ マルチンスの低い弾道のシュートがゴール左へ突き刺さる。チアゴ マルチンスのJリーグ初得点で1点を返したが、ここでタイムアップ。22連戦の最後を白星で飾れず、悔しい敗戦となった。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「残念な結果になってしまいましたが、スタートからチャンスもつくれて、自分たちがゲームをコントロールできていました。その中で得点チャンスをなかなか決め切れず、逆に相手に先制されてしまい、そこから難しい状況になってしまったと思います。
しかし最後の最後まで、自分たちのサッカーという部分は続けられたと思います。特に後半はアンラッキーなことがいろいろと起きましたが、やろうとしている自分たちのサッカーはしっかりできたと思います」

質問:初の起用となった高丘選手の評価を教えてください。
「彼が初出場で、本当にいい形で入ってくれたと思います。数日しか練習できませんでしたが、その中で彼にチャンスも与えたかったですし、しっかりプレーしてくれたと思います」

質問:22連戦でリーグ戦は10勝3分7敗でした。この結果をどう受け止めていますか。
「自分がこの結果をどう受け止めるかですが、それについては、何ということもありません。まずはこの期間に20試合やることが普通のことではありません。この難しいスケジュールの中で、本当に選手たちは一人ひとりがやるべきこと、やらなければならない自分たちのサッカーという部分を最後の最後まで出してくれたと思います。しっかりと哲学に基づいてやってくれたと思います。2度とこのようなスケジュールになってほしくないという気持ちです。選手たちは毎試合、最後まで、しっかりとやってくれたと思います」

試合後コメント

MF39
天野 純

「今日の試合は、最初に自分たちが3回ぐらいビッグチャンスがあったなかで決め切れなくて、逆にああいう形で1回のチャンスで先制されてしまいました。やはり広島のような守備ブロックをしっかり敷いてくる相手だと、こういう試合展開になってしまうと思います。
ただ先制されてからも、サイドで数的優位をつくりながらしっかり崩せたと思います。その精度を上げていくことが大事だと思います。絶対に、これからもこういう展開のゲームはあるので、そこで成功体験を徐々につくっていくというのも大事だと思います
自分がどちらかのサイドに出ることによって数的優位をつくれて突破できているシーンというのはここ最近多いのですが、そこは意識的にやっていますし、チームでピッチ上に出ている11人が同じサッカー観でプレーできていると思います。そこの崩しの部分の共通認識は皆、合っていますから、あとは精度だと思うので、これから上げていきたいです」

「先制されて、ああいう形で広島はディフェンスで後ろを固めてくるというのはイメージ通りではありました。自分が出たら、幅を使いながら外でタメをつくったり、裏へ抜け出したり、キック一本でチャンスをつくればいいと思ってプレーました。
もっと相手の守り方に対して、自分たちがどうやって攻めていくかというのを、はっきり意思統一するべきだったと外からも見ていて思いました。自分が出てからも、打って攻めていくというのは少しバラバラのような感じになってしまいました。
けれども、ボクのところで一本、クロスも上げることはできました。ただ得点にはならなかったので、そういう意味では、相手どうこうもありますけれど、自分がどうにかできれば良かったと思います。
今日の試合から学ぶことを、一人ひとり整理して、何が必要だったか、もっとどうしなければならなかったのか、そういうのを選手たちで話し合っていくことも大事です。もちろん大枠の部分では、監督が提示してくれるので、それに向かってチームのために走るのが、自分たちの役割であるので、それをやりつつ自分の武器をもっともっと生かせるように頑張りたいと思います」

「僕自身、前半に決定機があったので、そこで決め切らないとこういう結果になるのだと思いました。
とりあえず長い連戦がやっと終わって、次の試合まで練習できる時間があるので、しっかりいい準備をして再開後の試合に臨みたいと思います。連敗は良くないと思うので、しっかり勝てるようにしたいと思います」

フォトギャラリー