Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

「優勝報告会」を象の鼻パークで開催~2019明治安田生命J1リーグ優勝

イベント 2019/12/08

15年ぶり4度目の歓喜から一夜明けた12月8日、「2019明治安田生命J1リーグ優勝報告会」を象の鼻パークで開催しました。

雲一つない青空の下、アンジェ ポステコグルー監督、トップチーム全選手・スタッフ(遠藤渓太選手、仲川輝人選手、畠中槙之輔選手は日本代表選出のため、栗原勇蔵選手は都合により不参加)が参加し、3,000人のサポーターの前で感謝を述べました。

報告会の様子は、Twitter LIVEでお楽しみください。

 

アンジェ ポステコグルー監督、トップチーム全選手・スタッフが集結

アンジェ ポステコグルー監督、トップチーム全選手・スタッフが集結

黒澤良二代表取締役社長よりご挨拶

黒澤良二代表取締役社長よりご挨拶

「1年間素晴らしいサポートをありがとうございました。この風景は新鮮でタイトルは素晴らしいものだなと実感しています。横浜の街には強いF・マリノスが似合うと思うし、(優勝を)続けることにチャレンジする価値はあると思っている」と喜田拓也選手より力強い言葉が。途中、船の汽笛とスピーチが重なり和みます。

「1年間素晴らしいサポートをありがとうございました。この風景は新鮮でタイトルは素晴らしいものだなと実感しています。横浜の街には強いF・マリノスが似合うと思うし、(優勝を)続けることにチャレンジする価値はあると思っている」と喜田拓也選手より力強い言葉が。途中、船の汽笛とスピーチが重なり和みます。

トリコロールフェスタのようなスタイルで選手もトークを楽しみます。

トリコロールフェスタのようなスタイルで選手もトークを楽しみます。

両キャプテンから広瀬陸斗選手のムードメーカーぶりが紹介されました。

両キャプテンから広瀬陸斗選手のムードメーカーぶりが紹介されました。

青い空と海、3,000人のサポーターに囲まれた報告会

青い空と海、3,000人のサポーターに囲まれた報告会

ブラジル、タイ、セルビア、韓国の外国籍選手たちと「なんで俺が…」と仲間にいじられながら通訳をこなした喜田選手

ブラジル、タイ、セルビア、韓国の外国籍選手たちと「なんで俺が…」と仲間にいじられながら通訳をこなした喜田選手

「彼らが4つ目の星をもたらしました。本当に誇りに思います。昨夜のような特別な時間を皆さんと過ごせてうれしかったです」(アンジェ ポステコグルー監督)

「彼らが4つ目の星をもたらしました。本当に誇りに思います。昨夜のような特別な時間を皆さんと過ごせてうれしかったです」(アンジェ ポステコグルー監督)

みなとみらいの街並みをバックにシャーレとともに

みなとみらいの街並みをバックにシャーレとともに

最後までサポーターの温かい声援が続きました

最後までサポーターの温かい声援が続きました