Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

株式会社NTTe-Sportsとの「eスポーツの教育コンテンツ共同開発等における連携協定」の締結について

ホームタウン 2020/08/07

この度、横浜F・マリノスでは、「ICT × eスポーツ※1」を通じて新たな体験やつながりの創出、新しい文化や社会の創造、地域社会と経済への貢献を目指す株式会社NTTe-Sports(所在:東京都新宿区、代表取締役社長 中村 浩)とeスポーツの教育コンテンツの共同開発等を目的とした連携協定を締結いたしましたので、お知らせいたします。
具体的には、NTTe-Sportsが提供する、eスポーツにおけるプラットフォーム「eXeLAB(エグゼラボ)」、オンライン学習・交流サービス「ユニキャン」における教育コンテンツの共同開発や、交流施設「eXeField Akiba(エグゼフィールド アキバ)」や横浜F・マリノスのホームタウン(横須賀市等)における定期イベントの開催など、eスポーツプレイヤーの更なる可能性の追求及びファン層の拡大を通じて、eスポーツの更なる地位向上を目指します。

取組の概要

具体的な取り組み

・教育コンテンツ:「ユニキャン」にて、プロプレイヤーが戦略や戦術の考え方、本気で物事に挑戦することの大切さ、チームプレイの楽しさ等を教える教育カリキュラム(特別プラン)を提供予定(9月より順次開始)
・コミュニティイベント:ファンとの特別座談会や、アマチュアプレイヤーも交えた大会等を実施予定(同上)
  ※詳細は別途HP等を通じてご案内させていただきます。

各社の役割

・NTTe-Sports:施設、プラットフォームの提供、サポートコンテンツの企画支援、各種アライアンスの活用、各地域とのプロジェクト推進・展開
 ・横浜F・マリノス:各ゲームタイトルのスキル、フィジカル、メンタル等のノウハウ提供、プロプレイヤーの派遣、コンテンツ開発等

株式会社NTTe-Sports  影澤 潤一 代表取締役副社長のコメント

横浜マリノス株式会社様は、プロスポーツチームならびにプロeスポーツチームとしてもトップレベルの結果を残している「横浜F・マリノス」の活動を通じて地域活性化に大きく貢献されております。 我々NTTe-Sportsとしても、ICTとeスポーツを通じた地域活性化をミッションに掲げていることもあり、この度の連携協定の締結については大変うれしく思っております。 弊社は、NTTグループ初のeスポーツ専業会社として、2020年1月に設立いたしました。ICTの力と連携各社の力を掛け合わせることで、次世代eスポーツのトータルソリューションの提供やコミュニティの推進、地域社会と経済活性への貢献を実現するべく邁進しております。 現在各種事業を立ち上げ準備を進めており、その柱として、eスポーツの施設事業(eXeField Akiba)とプラットフォーム事業(eXeLAB)、オンライン教育事業(ユニキャン)を8月11日に同時リリースします。 上記事業を活用しプロチームのノウハウや技術とシナジーを持たせ、プレイヤー及びファンに魅力的なコンテンツを提供することで、eスポーツプレイヤーの可能性を最大化してまいります。今後の取組にご期待ください。

横浜マリノス株式会社 代表取締役社長 黒澤良二 のコメント

 この度は、eスポーツにおける教育や地域社会への貢献を事業の柱の一つとされるNTTe-Sports様と、このような連携協定を結ぶことができ、心より嬉しく思います。
 横浜F・マリノスでは、2018年にプロeスポーツリーグ『RAGE Shadowverse※2 Pro League』に参戦して以来、4名のプロeスポーツ選手とともに、サッカーに加えた新たな感動と興奮の創出にチャレンジしてまいりました。直近の19-20 2nd Seasonでは、トップチームの明治安田生命J1リーグ優勝に続くダブル優勝まであと一歩に迫り、残念ながら準優勝に終わりましたが、F・マリノスらしく最後まであきらめず戦い抜いてきた過程を通じて、eスポーツにおけるスキル・フィジカル・メンタル等に知見が蓄積されてまいりました。
 これらを、「ICT × eスポーツ」に強みを持つNTTe-Sports様とともに体系化し、ノウハウをシェアさせていただくことで、競技力を高めたいプレイヤーの皆様や楽しみ方を探求したいファン・サポーターの皆様、さらにeスポーツを利活用しての地域活性化を目指す皆様のご期待にもお応えしてまいります。
マリノス・ファミリーの皆様におかれましては、eスポーツによる新たな取り組みに、引き続きご注目いただけますと幸いです。

NTT e-Sportsについて

会社名 株式会社NTTe-Sports
代表者名 代表取締役社長 中村 浩
設立 2020年1月31日
本社所在地 東京都新宿区西新宿3-19-2
(東日本電信電話株式会社社屋内)
事業内容 eスポーツに関するイベント企画・請負、施設企画・運営、ICTソリューションの提供 など
ホームページ

https://www.ntte-sports.co.jp/

※1:eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)とは、複数のプレイヤーで対戦されるビデオゲームを、スポーツ・競技として捉える際の名称です。
※2: 「Shadowverse」は、株式会社Cygames が開発・運営をおこなう、「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利となる、スマートフォンで遊べる対戦型オンラインTCG(Trading Card Game)です。
2020年現在、日本語を含む9言語が世界にリリースされ、累計ダウンロード数は2,200万を突破しています。
競技性の高さを生かし、優勝賞金1億1,000万円の世界大会開催やプロリーグ設立など、eスポーツシーンにも参入しています。
RAGE Shadowverse Pro League 公式サイト