Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

宮城県東松島市訪問サッカー教室のご報告

クラブ 2013/10/02

横浜F・マリノスは、復興支援活動として、東松島市さま、東松島サッカー協会さま、航空自衛隊松島基地さまのご協力のもと、9月29日(日)に松島基地内の運動場にて、横浜F・マリノス選手、監督、スタッフによる東松島サッカー協会に所属する児童、約200名を対象としたサッカー教室を実施致しましたので、ご報告致します。

選手到着後、松島基地内滑走路脇のエプロンへ移動、木村亮一基地副司令に選手のサイン入りユニフォームをお渡ししました。

松島基地が準備して下さったブルーインパルスの機体の前で、各少年団ごとに選手と記念撮影。

ピッチに移動してサッカー教室の開会式。阿井コーチ、天野選手会長よりご挨拶。

若手選手がリフティングでプロのテクニックを披露!

中村俊輔選手が飛び入り参加、子供達から大歓声が上がりました。

いよいよ幼稚園生、小学1年から6年生まで各グループに分かれてサッカー教室開始。

グループ毎にウォーミングアップ、そしてミニゲームを楽しみました。

楽しかったミニゲームも終了、子供たちと選手の触れ合いタイム。

そして閉会式、木村亮一基地副司令より、ブルーインパルスの前で子供たちと撮影した写真を頂きました。

工藤昌明東松島市教育長、村上雄一東松島サッカー協会会長よりご挨拶頂きました。

今回のサッカー教室開催にあたり、活動にご賛同頂いた「保安道路企画 株式会社」さまより、ご寄贈頂いた東松島市代表のためのユニフォームを東松島サッカー協会にお渡ししました。

東松島市サッカー少年団より心のこもったプレゼントを頂きました。

東松島市サッカー少年団の代表の児童よりご挨拶を頂きました。

横浜F・マリノスより樋口監督、熊谷選手会副会長の挨拶。

そして、何故か比嘉選手の一発芸で閉会式は終了。

子供たちとの握手で3回目の東松島市サッカー教室は終了しました。