Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

岩手県下閉伊郡山田町でふれあいサッカー教室を実施しました

2012年以前のニュース 2012/04/22

 

横浜F・マリノスでは、ホームタウン活動を通じて復興支援活動に継続的に取り組んでおり、その一環として、4月21日(土)に東日本大震災で被害を受けた岩手県下閉伊郡山田町を訪れ、ふれあいコーチによる「ふれあいサッカー教室」を実施いたしました。
当日は天候にも恵まれ、約100名の現地の小学生が、元気いっぱいにサッカーボールを追いかけ、汗を流しました。
これからも、サッカーを通じた“こころとカラダをケアする”ことを目的として、継続的に復興支援活動を行ってまいります。


photo
①ふれあいサッカー教室開催の前に山田町町役場を訪問し、沼崎喜一町長にご挨拶をさせていただきました。
photo
②横浜北ロータリークラブ様から山田町に義援金が寄付されました。
photo
③キャプテンの中村選手、副キャプテンの中澤選手、栗原選手、兵藤選手から山田町の皆さまへ向けた直筆メッセージをお渡しいたしました。
photo
④サッカー教室の開催の初めに、横浜F・マリノスからご挨拶をさせていただきました。
photo
⑤最初にボールフィーリングを行い、特別コーチとして参加した波戸アンバサダーも楽しそうに子どもたちとふれあっていました。
photo
⑥マリノスケもお友だちと一緒に挑戦しました。
photo
⑦続いて、チームに分かれてゲームを行いました。
photo
⑧最後に「コーチ+マリノスケチーム」vs「小学生チーム」とのスペシャルマッチが行なわれました。
photo
⑨ここで参加してくれた子供たちにサプライズプレゼント!サイコロゲームを行い、選手が実際に着用していたユニフォームやこの日コーチたちが来ていたウェアがプレゼントされました。
photo
⑩F・マリノスの選手たちから山田町の皆さまへ向けたメッセージを記入したフラッグが贈呈されました。
photo
⑪山田町と同じ「山田」の名前を持つマリノスフットボールアカデミー東山田校のスクール生からメッセージが記入されたフラッグが贈呈されました。
photo
⑫株式会社安藤スポーツ様からご提供されたサッカーボールが贈呈されました。
photo
⑬株式会社ありあけ様からご提供された横濱ハーバーが参加してくれた子供たちにプレゼントされました。
photo
⑭横浜北ロータリークラブ様からご提供されたミニタオルをはじめとするF・マリノスグッズをプレゼントしました。